川西風月太極拳クラブ

中国武術の記事

今日は川西総合体育館(第2武道室)にて太極拳無料体験レッスンを開催いたしました。

太極拳興味はあるけど土日でしか参加出来ない方もいるのでは…」ということで企画してみたのですが、初参加の方を数名迎え、すでに太極拳を習い始めた方々とご一緒に動いてもらいました。

最初やっぱり今回の参加者は少ないかな…(・・;」と思っていたのですが、熱心な生徒さんたちが会場へ足を運んでくれたおかげで、賑やかな雰囲気で体験会を進めることが出来ました(^▽^)/
ミンナキタ━━━━━━━( ゚∀゚  )っ━━━━━━━━ッ!!

心よりお礼申し上げます。。。
参加者の皆様、今日はどうもありがとうございました&お疲れ様でしたm(_ _)m
(せっかく写真アップしようと思ってたのに、またしても撮るのを忘れてしまった(´□`;)

やはり太極拳は見て感じるのと実際にやってみるのとは全然違うという感想が多数…。

ゆっくりとした動作慣れなかったり、動きと共に変化していく手足の運び方、姿勢はほぼ中腰での移動のため辛かったり、なかなか挫折要素満載です。

で、「なぜゆっくり動くのか………。」d(・_・ )
諸説色々あると思いますが、私が知るところ、こんな風に聞いたことがあります。
太極拳はご存知の通り中国武術です。
中国武術と言うと目にも留まらぬ速さで素早く動き、攻防動作が繰りひろげられると言うイメージがありますが、その一つ一つの動作にもバランスの位置があり、正しい位置があります。
しかしそんな動作もゆっくり動くとなかなか上手く動きにくいものです。。。
ゆっくり動いた時に正しくも動けないものが、素早い動きで正しく動けるものなのか
また早く動けばごまかしは利くけどゆっくり動けばごまかしは一切利かない
ゆっくりと動作を行いながら体の協調性を意識し、体のや位置を知ることでバランス感覚の向上を養う。また体の中を感じる事で、(ちから)が体の中をどのように通っていくのかを養う事も出来る。 そんな感じで、今のようなゆっくりと動く練習法があるようです。

さらに太極拳の動作は、緩みリラックスをもって、留まらず、よどまず、一定の流れ、一定のスピードを用いることで体内に血液循環を促すことが出来、には程よい意識を持つことで訓練となると同時に休息にもなります。
またにした円の動き絶えず重心を移動させる動作から骨格筋肉関節バランス感覚を養う事が出来るという事などが、健康運動面としても評価が高い理由です。

一定の呼吸意識動作の三者が揃うことで全体(上下内外)を統一させる事もポイントです。

「覚えるにはどうするか………。」d(・_・ )
もちろん覚えるスピードにも個人差はあると思いますが、まずは繰り返し動いて」「慣れる事で套路を覚える(体に覚えさせる)、そして部分部分をよく考えることが大事。
もちろん回数経験月日が必要ですが、あわてずひとつひとつクリアして進むことが肝要です。

もう一つ参考にして欲しいのは「聞く姿勢、習う姿勢」です。d(・_・ )
これはどこの教室でもあることかと思いますが、だんだん慣れてくるとごく稀に生徒さんが自分自身を過剰に評価してしまい、指摘された事に対して簡単に不快感を表す場合も…謙虚さの欠如
そのような方は私の生徒さんにはもちろんいませんが()o(=¬ェ¬=)oジーーーッ)
このような学習姿勢になった方はたいてい学習する歩みを止め簡単に挫折してしまいます…。
少しでも上達したいのなら、素直に直すことだけを心掛けるようにしましょう。

問題がなければ指導員は指摘しません。
出来てないから補正するために指摘するのです。
私はちゃんとやってます
ちゃんと意識してるのに、どこが悪いの?
ダメです( ̄× ̄)b゙NG!!

私はちゃんとやってます指摘される=答やってるつもりだけど出来てません
ちゃんと意識してるのに指摘される=答意識してるつもりだけど出来てません
だけなのです。
ただの~してるつもりなのです。

私はいろんな先生に指導を受ける機会がありますが、指導されれば素直に聞くようにしています。
(自分でも気付かない間に指摘されるような動作をしてるかもしれないからです。)

そして自分以外の他の人への指摘も自分の事のように聞くようにしています。
(もしかして自分も同じようなミスをしているかもしれないからです。)

同じ間違いやミスを何度も繰り返しながら、その間違いやミスを指摘されながらその回数を減らして行く

少し謙虚に、少し貪欲に、少し真剣に、そして大いに楽しく。。。

自分の目指す太極拳を得るまではこの道はずっと続きます

名前 松本 修
資格 日本武術太極拳連盟 公認A級指導員
所属 兵庫県武術太極拳連盟
出身地 兵庫県川西市

 

「太極拳との出会い」

幼少の頃(7歳ぐらい)にブルース・リーの映画を見て功夫という聞き慣れない言葉を知り、そのしなやかで早く力強い動き、彼の偉大なるカリスマ性に圧倒され理屈抜きで憧れを抱きました。
その日からはまだ幼いながらも貪る様に”功夫って何???”という感じでそれにまつわるものを夢中で調べたり、中国から輸入されていた英語表記の訳の分からない教本?を手に入れ、動作解説図を見ては勝手に解釈して一人で真似事をしていました。

その後ジャッキー・チェンと言うアクションスターが現れ、映画「酔拳」や「蛇拳」と言った俗に言う”拳法シリーズ”のコミカルでトリッキーな動き、動物をかたどった動きにまたもや衝撃を覚えて、もういてもたってもいられなくなりました。

ついには小学6年生の時に両親を前に俺は一人で香港へ武術を習いに行く!!と宣言。

あっさりと「あほな事言うな」と秒殺で却下されましたが…(笑)
とにかく、その手の武術と言うものを習う場所や術が無かったのです。
(本当は習う場所はあったかもしれないが、私自身が知らなかっただけと言う話も…)
父は「そんなにもっと強くなりたいんなら空手を習えば良い」と提案してくれましたが、その何と言えばいいか…、強くなりたいとかそう言うのではなくて、あの芸術的な動き心地よくしなやかで伸びのあるあのリズミカルな動きをマスター(修得)したいと言うか…、そんな感じでした。

またそのしばらく後には映画「少林寺」リー・リンチェイ(ジェット・リー)と言う中国武術チャンピオンが現れ、今までのいわゆる”功夫スター”とは違い、本物の中国武術(長拳、南拳、蟷螂拳、etc)と言うものがどういうもので、彼らは幼き頃から鍛錬をして…などと、彼の実績と共に紹介される本を目にする事が多くなり、武術に対する憧れ私の年齢だけは日に日に増すばかりでした…。

 

香港映画、功夫スター、中国武術が好きな気持ちは変わらぬまま私も社会人になり、就職、退職、独立を経た20代後半の時、体に思わぬトラブルが発生しました…。

 

「椎間板ヘルニア」

右足に痺れを伴い、歩行困難な状態で毎日右足を引きずるように歩いていました。
自分の体なのに思うように足を動かせず、力も入らないし、ましてや車もろくに運転できない。
サイドブレーキやフットブレーキと言った左半身に力をこめる行為は、激痛で声を出さずにいられない。
腰の激痛は言葉に出来ないぐらい凄まじいもので、寝てもダメ、起きてもダメ、座ってもダメ…
リハビリに行っても全く効果なし…、それどころか少し悪化したような気も…。

とにかく、うめき声しか上げれない毎日でした。

 

この激痛に耐えられずに、注射を打たれることすら大嫌いな私が「手術」を決意しながら必死に病院のホームページを調べてどの地方の病院が良いとかまで決め始めた頃、医師の薦めもあってジムで体を鍛えることにしました。

「腰周りの筋肉を作ること、水泳でも何でも良い。」

そう言われ、あまり乗り気じゃ無かったジム通いをのサポートのもと始めます。

気乗りしないジムでマシンからマシンへ足を引きずりながら移動し、脚力を強化するマシンでは重りをつけていない状態でも動かすことすら出来ませんでした…。
(私の状態を知らないインストラクターは「この人ふざけてるの?」とばかりに苦笑いするし…。)

 

自分の体の状態にショックを覚え落ち込んでいる時に、妻が
「カルチャープログラムに【太極拳】があるから一緒にやろう♪♪♪面白そ~う♪♪♪」
とスタジオプログラムの参加に誘ってきました。

 

中国武術としての太極拳は映画や本で少し知識はありました。

「柔よく剛を制す」・・・相手の力を利用して相手を制する。
・または「勁力」を使って相手を倒す(飛ばす)・・・発勁
陰陽の思想。

などなど
映画に出てくる太極拳としてはカッコいいとは思ってました…

 

でも当時の私は

「カルチャープログラムの【太極拳】って、中国の公園で朝早くに年配の人たちがゆ~っくり動いてる健康体操でしょ?
いくら何でもそれはちょっと…(笑)
まぁ今の僕にはそれも出来ないでしょうけど(苦笑)」

そんな感じで、スタジオの扉を開けいざ参加してみると………。

 

な、………何だコレは………!???

お年寄りの健康体操???…いやいや………立派な武術だよ…コレ…。
ゆっくりで複雑だけれど…、何か落ち着くな………。

動きがすごく綺麗………。これは覚えたい、是非覚えたい。いや覚えなきゃ………。

なるほど、理に適っているから年齢、性別関係なしに動けるのか………。

でも、むずかしい………、あ、当たり前か………、コレだけ歴史があれば簡単なわけが無いわな。

深い………、奥が深い………、何かもっと知りたくなってきた………。

 

そうして私の太極拳人生の歯車が回転し始めました。

 

それから十数年、太極拳の師と仰ぐ先生、そしていつも的確な指導とアドバイスを下さるたくさんの先生方に恵まれたおかげで、国内で一番大きな大会全日本武術太極拳選手権大会においてもを頂けるようになりました。
しかし太極拳は知れば知るほど、成長すればするほど、自身に様々な課題(ステップアップ)を与えてくれます。生涯スポーツといわれるぐらいだし、私も生涯勉強ってことなんですね…(汗))

人生の中で、楽しくそして真剣に向き合える事に出会えたのはとても大きな事だと感じています。

私が出会ったこの太極拳。。。

一人でも多くの方たちと楽しく共有する事が出来たら…、その機会や時間を提供する事が出来たら…、といつも心から思っております。

以下、ここ数年における私の太極拳大会の成績です。

大会成績
年度
種 目
兵庫県武術太極拳選手権大会
全日本武術太極拳選手権大会
2018
男子24式太極拳B
全日本シード
7/6~7/8 武蔵野の森 総合SP
2017
男子24式太極拳B
全日本シード
1位 金
2016
男子24式太極拳B
全日本シード
1位 金
2015
男子24式太極拳B
全日本シード
1位 金
2014
男子24式太極拳B
全日本シード
1位 金
2013
男子24式太極拳B
全日本シード
1位 金
2012
男子24式太極拳B
1位 金
3位 銅
2011
男子24式太極拳C
全日本シード
2位 銀
2010
男子24式太極拳C
1位 金
3位 銅
2009
男子24式太極拳C
全日本シード
5位 入賞
2008
男子24式太極拳C
1位 金
3位 銅

※男子24式太極拳C(~39歳まで)同じくB(40歳~59歳まで)同じくA(60歳~)
※各都道府県で行われる地区予選を1位で通過で「全日本武術太極拳選手権大会」に出場できます。

「川西風月太極拳クラブ」は平成24年に発足したばかりの小さなクラブです。

中国武術の代表格でもある太極拳は世界的にも非常に人気が高く、日本国内でも老若男女問わず大勢の愛好者に支持され続けています。その楽しさ、奥深さをたくさんの方々と共有できたらと言う趣旨で当クラブの発足にいたりました。

太極拳は血液循環・新陳代謝の促進にも優れており、体を健康的に鍛えられるだけでなく、緩やかな動きで心にもリラクゼーション効果を与えてくれます。

また陰陽などの哲学的な部分や、武術、健身法に加え、医療的価値と芸術性を備えた表演競技としても知られる奥深いスポーツです。

当クラブではまず太極拳を身近に親しみ、たくさんの仲間を作って日々を楽しみ、個々の成長や体力、目標にあわせながら健康的な太極拳ライフを満喫して頂ければ幸いに思います。

太極拳はあわてず、あせらず、ゆっくり、じっくり覚えるのが上達のコツだと思います。

一見簡単そうに見える太極拳も実際に動いてみればとても奥深く、そしてなかなか難しいものとよく言われますが、そのひとつひとつのを一歩ずつ理解して消化していく時の喜びと言うのもなかなかのものですよ。

また、若者から年配者まで、個々の体力に応じながら体に無理の無い自然な動きで生涯をかけて親しめるので生涯スポーツと言えると思います。

武術(太極拳)を楽しく取り入れることで、身も心も健康的でいられるようになる事を実感してもらえればと思います。

川西風月太極拳クラブ

代表    松本 修

アクセスカウンター

  • 93678総訪問者数:
  • 40今日の訪問者数:
  • 86昨日の訪問者数:

川西風月太極拳クラブ
★お気軽にご参加下さい★
お問い合わせはこちら

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

タグ

LINK